Menu

誰も教えてくれなかったランドセル選びのコツ

未就学児のお子さんを持つ親御さんにとっては、ランドセル選びはわくわくするイベントのひとつですね。でも、具体的にどんなものを選んだらよいのか、正直悩むところもありますね。例えば、6年間持つのかとか、色やデザインはどんなのを選んだらよいのか、絶対外せない機能はどんなものかなど、悩みだすといろいろな事が出て来て、困ってしまう人も多いのではないでしょうか。まずは下見のつもりでお店に行くと、色々なランドセルが展示してありますが、どこがどう違うのか、ちょっと見ただけでははっきりとした違いが分からない場合もあり、これも悩みを増す結果となってしまいます。そんなお悩みを抱えた親御さんのために、今回は、ここをおさえておくとよいというチョイスのポイントを伝授致しましょう。

機能面でおさえるべきポイントはこれ

まず、機能面でのポイントです。最初に素材ですが、これは主流となっているのが、クラリーノという合成皮革です。高級なものでは、本革を使用しているものもありますが、おすすめなのは、クラリーノです。それは、革に比べて、クラリーノの方が、耐久性に優れているからです。特に小学生は歩いて登校しますので、雨の日に濡れることが多いのです。水に濡れた革のお手入れは大変ですが、クラリーノであれば問題ありません。質感のいいものもありますので、高級感を求める方ならそれらを選んでもいいでしょう。次に軽さです。高学年になれば問題なくなりますが、低学年の間は、特に小柄なお子さんには教科書も結構重いものです。形状はほぼ一緒でも内材などの工夫によって軽量化が図られているものがあります。出来れば軽いタイプのものを選んであげたいです。

忘れてならない一番大事なポイント

側面に付くフック類も注意が必要です。出来るだけ頑丈なものを選びましょう。フックには体操服などをかけるのですが、小学生はよく振り回して遊んだりしますので、フックには耐久性が求められます。なお、フックはランドセルの中でも最も壊れやすい部品ですが、現在ほとんどのメーカーは製品に6年保証をしています。もし壊れた場合は、替えの部品を送ってもらえるはずですから、購入時に確認しておきましょう。最後に、もっとも大事なポイントです。それは、お使いになるお子さんが気に入ったものを買ってあげるという点です。親御さんからすると、ちょっとこれは、と思うものでも、お子さんが気に入っているのであれば、よく話し合った上で出来るだけお子さんの希望を叶えてあげましょう。ランドセルは、お子さんにとっては小学校の6年間を一緒に過ごす大切な最初のお友達です。ずっと好きでいてくれるものが一番です。