Menu

最近流行しているランドセルの素材

ランドセルを購入しに出かけて多くの人が一番気にしているのはやはり値段です。デザインやカラー、お子さんに背負ってもらって使いやすそうかどうか試してみて、購入を決めるという家族が多いです。実は価格や重さなどには素材も関係しているので、購入する前にどんな記載があるのかぜひ見てみましょう。近年増えつつある定番とも呼べるクラリーノという素材ですが、これは人工皮革のことです。値段そのものが安価という特徴だけでなく、比較的軽量なので小さなお子さんでも背負いやすいです。また、耐久性を高めるための加工がされていたり、日常的に使っていく中でお手入れも簡単にしてありますので、手軽に小学校への入学準備をしたいという方にも人気が出てきてよく利用されています。

他にはどんな素材が使われているのか

ランドセルを探していて素材にも着目してみれば、クラリーノ以外であればまず牛革と書かれているものを目にする事でしょう。牛革は使い込めば使い込むほど素材の良さが味わい深くなっていくだけでなく、基本的な強度はクラリーノより高いです。ただし水には弱いので雨の日にはきちんとお手入れをしてあげなくてはいけませんし、値段も若干高くなります。他にもコードバンという馬のお尻の革を使ったものですが、手触りも滑らかで一生使えるといってもいいほどの耐久性が高いです。お手入れなども大変に感じるかもしれませんが、大切に使っていきたいと思えるほどのものとなります。やはりこちらも値段自体が高いので、予算と使いやすさなども比較した上で、素材からしっかりと気に入るものを選びましょう。

素材以外にも気にかけておきたいこと

素材もきちんとチェックしていけば、ランドセル選びもそろそろ終盤に差し掛かる頃ではないでしょうか。クラリーノや牛革など、使う素材で値段だけでなく重量、見た目の風合い、質感なども変わってきます。可能な限りお子さんも一緒にお店に出かけて背負ってみて、6年間ずっと背中に背負っていけるかどうかを考えてみて下さい。高いものですから、自分で背負ってみてこれがいいと思えるものの方が子ども自身でも大切にしてくれることでしょう。また、元気に背負って過ごしていると、傷がついたり壊れたり修理が必要になるシーンも出てきます。保証は6年付いているところが殆どですが、どんな条件で保証が適用できるのかも予めきっちり見ておいて、いつでも安心して修理やアフターケアが出来るお店で購入できるようにしましょう。