Menu

ランドセル選びのチェックポイント

「子どもが毎日使うものだから、子供が好きなやつを選んでくれればいい」というスタンスでランドセル選びをしている人は多いと思います。しかし、実はこの選び方にはリスクがあります。というのは、まさに「毎日使うもの」であって、使い勝手が悪いものを選んでしまうと子供は6年間毎日使い勝手の悪いものを使い続けなければいけないことになります。しかも、ランドセルには重い荷物を運ぶためのものです。そして、多くの子供は丁寧に扱ってくれません。重い荷物を毎日運び、時には子供に投げられたりとぞんざいな扱いを受ける生活を何年も続けていると、中には6年間使い切る前に壊れてしまうものも出てきます。それらを踏まえて、購入時に大人目線でしっかりと選ぶポイントを絞ってあげることが大切なのです。

背負いやすさ、重さを体感してみる

まず、重要な選択ポイントは使いやすいかです。ランドセルの最も重要な仕事は教科書を運ぶことです。毎日何冊もの教科書やノートを運び、その重さは大人であってもなかなかの重さで、ましてや本体の重さもあるため小学校低学年にとってはかなり厳しい重さになります。そのため、必ずチェックしなければいけないのは「背負いやすさ」です。最近では肩紐や背カンに独自機能を付けて重さを感じにくく、背負いやすいモデルを各社で開発しています。ただし、どんなに評判の良いモデルでもお子さんの体型に合わなければそれは使い心地は良くないため、必ず試着して背負いやすさを実感したものを選ぶことが大切です。また、重さも重要で、ここ数年では本革が人気ですが、クラリーノよりも重くなる傾向があるため、実際にどの程度の重さなのかを持って見ることも大切です。

耐久性と修理保障内容もチェックする

ランドセルは毎日使う物で、しかも子供は雑に扱うことも多いため耐久性のチェックは必要不可欠です。そんな耐久性に違いがあるの?と思う方も少なくないと思いますが、実は作り方で耐久性は大きく変化します。しっかりと作られているモデルはすり減りやすい部分は職人による手縫いを採用していたり、より丈夫な生地を部分ごとに使用していたりと工夫を凝らして作られています。ただ、どんなに頑丈に作られていても子供が使うものなので、使い方の環境次第では6年間の間には故障してしまうこともあります。その際にしっかりと修理保障が成されているか、無料・有料・どの範囲まで無料が適用されるのかなどメーカーにより保証内容は異なるため、その点もしっかりとチェックして、できるだけ高い保証がついているものがおススメです。